職業能力開発推進者の選任

職業能力開発推進者とは

職業能力開発促進法第12条では、事業主に対してその雇用する労働者が入社してから退職するまでの全期間を通じ、各階層に応じた体系的・計画的な職業能力開発を促進するため、その具体的な計画の作成、実施等の業務を担当する「職業能力開発推進者」を選任するよう求めています。

職業能力開発推進者の選任

職業能力開発推進者は、当該事業所の労働者の職業能力の開発及び向上に関する措置の企画及び実施について所要の権限を有する者のうちから選任されることが望まれます。したがって、教育訓練部門の組織が確立されている事業所にあっては当該組織の部課長、それ以外の事業所にあっては労務・人事担当部課長等が選任されることが望まれています。

職業能力開発推進者の担当する職務

1. 事業内における職業能力開発計画の作成及びその実施に関する業務
多様な教育訓練の手段を有効に組み合わせて、効果的な職業能力の開発を図るためには、各種の施策を適切に選択してその企業に適した職業能力開発計画を作成することが必要であり、職業能力開発推進者には、当該企業の直面する問題点と十分関連づけて、職業能力開発計画を作成することが期待されています。
2. 当該事業所の労働者に対して、職業能力開発に関して相談、指導、周知等の業務
ここでは、職業能力開発推進者には、職業能力開発に関するキャリア・コンサルタントのような役割が期待されています。
3. 国、都道府県、中央職業能力開発協会、都道府県職業能力開発協会との連絡に関する業務
ここでは、職業能力開発推進者には、職業能力開発行政機関との連絡窓口としての役割が期待されています。

選任調べの請求先・提出先

選任調べを提出される場合は「選任調べ」に所要事項を記入の上、郵送で下記提出先へお申し込み下さい。

選任調べ提出用紙

選任調べのダウンロードはこちらから→  PDF形式 (記入例) 

提出先

〒781-5101 高知市布師田3992-4 高知職業能力開発サービスセンター(高知県職業能力開発協会内)

TEL:088-846-2300 FAX:088-846-2302