技能検定

技能検定は「働く人々の有する技能を一定の基準により検定し、国として証明する国家検定制度」です。技能検定は、技能に対する社会一般の評価を高め、働く人々の技能と地位の向上を図ることを目的として、職業能力開発促進法に基づき実施されています。

技能検定は昭和34年に実施されて以来、年々内容の充実を図り、現在125職種(注1)について実施されています。技能検定の合格者は平成20年までに322万人を超え、確かな技能の証として各職場において高く評価されています。

合格すると技能士の称号が与えられます。(注1)都道府県知事が実施する技能検定

技能検定の等級区分(注2)

技能検定には、現在、特級、1級、2級、3級に区分するもの、単一等級として等級を区分しないものがあります。

それぞれの試験の程度は次のとおりです。

特級
管理者または監督者が通常有すべき技能の程度
1級及び単一等級
上級技能者が通常有すべき技能の程度
2級
中級技能者が通常有すべき技能の程度
3級
初級技能者が通常有すべき技能の程度
(注2)これらの区分以外に、外国人研修生等を対象として随時に実施する3級、基礎1級及び基礎2級があります。

試験内容

検定職種ごとに実技試験及び学科試験が行われます。

実技試験は、原則として、試験日に先だってその課題が公表されます。試験時間は概ね4~5時間で、職種によっては、標準時間と打切り時間が定められています。また、職種によっては、実際的な判断等を試験するために要素試験、ペーパーテストが行われます(この場合試験問題の事前公表はされません)。

学科試験は、全国統一して職種(作業)、等級ごとに同一の日に行われます。

合格すると

  • 特級、1級、単一等級は厚生労働大臣名、2級・3級は都道府県知事名の合格証書が交付されます。
  • 「技能士」と称することができます。(名称独占資格)
  • 厚生労働大臣から技能士章(バッジ)が交付されます。
  • 一級技能士現場常駐制度
    官庁営繕工事に使用する「公共建築工事標準仕様書」において、特記仕様で指定する工事作業については当該作業現場にその作業に係る1級技能士1名以上を常駐させ、自ら工事するとともに、他の技能者に対して施工品質の向上を図るための作業指導を行うこととされている1級技能士現場常駐制度が設けられています。
  • 1級技能検定又は単一等級技能検定に合格した者には、技能グランプリの参加資格が付与されます。
  • その他にも技能士に付与される特典があります。

受験資格

原則として検定職種についての実務経験が必要ですが、その期間は、学歴や職業訓練歴等により異なります。

また、一定の資格や能力を持つ方については、学科または実技試験が免除される場合もあります。

実務経験のみの場合

1級技能検定 7年以上
2級合格後は、2年以上の実務経験で、3級合格後は4年以上の実務経験で受検が可能です。
2級技能検定 2年以上
3級合格後は、実務経験なしで受検が可能です。
3級技能検定 6ヶ月以上
検定職種に関する専門学校等を卒業または在学(1年生を含む)していれば、受検が可能です。

試験の方法

試験は、学科試験と実技試験により実施します。

  • 学科試験は、職種ごとの専門知識を問います。
    • 特級は2時間で5肢択一法の50問
    • 1級・単一等級・2級は1時間40分で、4肢択一法25問、真偽法(正誤法)25問の計50問
    • 3級は1時間で真偽法(正誤法)の30問
  • 実技試験問題は、一部を除きあらかじめ公表されています。

合否基準

合格基準は、100点を満点として、原則として、実技試験は60点以上、学科試験は65点以上です。

受検手数料

学科試験手数料 3,100円

実技試験手数料 17,900円(3級受検については、在校生は、減額されます)

※上記の金額を標準額として各都道府県で決定しています。

受検申込み

受検申請受付期間内に、本人確認書類の写し※及び受検手数料を添えて、
受検申請書を都道府県職業能力開発協会に提出して下さい。

職種ごとに前期・後期に分かれて実施されています。

※平成29年度後期より本人確認書類(写し)の添付が必須となりました。

試験日程

    前期 後期
実施公示 平成29年3月1日(水)   平成29年9月1日(金)  
受験申請受付 平成29年4月3日(月)から  
4月14日(金)まで  
平成29年10月2日(月)から  
10月13日(金)まで  
実技試験 問題公表 平成29年5月29日(月)   平成29年11月27日(月)  
実施 平成29年6月5日(月)から  
8月13日(日)まで★
平成29年6月5日(月)から  
9月10日(日)まで  
平成29年12月4日(月)から  
平成30年2月18日(日)まで  
学科試験 平成29年7月16日(日)★
平成29年8月20日(日)  
平成29年8月27日(日)  
平成29年8月30日(水)  
平成29年9月3日(日)  
平成30年1月21日(日)  
平成30年1月28日(日)  
平成30年1月31日(水)  
平成30年2月4日(日)  
合格発表 平成29年8月25日(金)★
平成29年9月29日(金)  
平成30年3月16日(金)
(注)詳細は、都道府県職業能力開発協会にお問い合わせ下さい。 ★金属熱処理及び写真を除く3級職種対象
日程は、変更になる場合がありますのでご注意ください。

検定職種一覧表と3級のご案内

検定職種一覧表と3級のご案内